婦人服を問屋に卸す業者の中から小ロットで仕入れるなら東京の【株式会社ジャニス】~在庫管理が難しい理由~

婦人服を問屋に卸す業者を東京でお探しなら

婦人服を問屋に卸す業者を東京でお探しなら

婦人服製造卸業者をお探しの問屋の方は、東京の【株式会社ジャニス】がお力になります。OEM生産・卸に従事しており、お客様のこだわり、仕様、方向性を尊重して高品質、競争的価格、短納期で最高の婦人服作りを強力にご支援しています。

競争率の高いアパレルだからこそ、他社と差別化の図れる商品をお探しの方もいるのではないでしょうか。【株式会社ジャニス】は長年の経験を活かし百貨店レベルのクオリティで商品を提供致します。

在庫管理が難しい理由とは?

在庫管理が難しい理由とは?

アパレルにおいて在庫管理は大変重要な業務のひとつです。なぜなら在庫管理によって売上げや損失が大きく影響するからです。

アパレル業界では季節を先取りしていることから商品のライフサイクルがとても早いです。そのため、仕入れたら仕入れた分をその季節の期間内で売り切るのが鉄則となります。過剰な仕入れは在庫となって停滞して商品価値が下がってしまいます。このように短期間での販売が求められるからこそ、在庫管理が難しいとされるのです。

また、季節ごとに流行もあります。しかし、この流行は需要予測が難しく、国や地域によって売れ筋がまったく異なるということもあります。そのため、在庫の対策が求められます。そんな在庫の対策としてとにかく見える化をすることが重要です。在庫数に関してだけでなく、在庫を保管する場所もきちんと明確に把握していく必要があります。

婦人服を問屋に卸している業者の中でも質の高い商品を小ロットで仕入れるなら

婦人服を問屋に卸している業者の中でも、より質の高い商品をお求めの方は東京の【株式会社ジャニス】をご利用下さい。素材提案力、パターン力、縫製力、製品管理の一元管理能力の高さ、クオリティの高さを評価されています。小ロットなど顧客のニーズにできるだけ応えられるように努めていますので、在庫管理においても役立ちます。

在庫をあまり持ちたくないという小規模店舗様や季節限定や数量限定など限定商品をお考えの際にも最適ですので、製造・卸を行う業者をお探しの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お役立ちコラム

婦人服を問屋に卸す業者をお探しなら長年OEM・卸に従事する東京の【株式会社ジャニス】へ

会社名 株式会社ジャニス
代表者名 佐々木俊行
住所 〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目27−9 初音森ビル11F,12F
電話番号 03-3863-6848
FAX 03-3864-6520
メールアドレス kkgenius@estate.ocn.ne.jp
URL https://genius1974.com
設立 1974年2月28日
事業内容 婦人服 OEM生産卸(カットソー 80%、布帛 20%)
役員 代表取締役 佐々木俊行
取締役会長 佐々木俊作