顧客のニーズに応えるなら小ロット生産に注目を!

製品を生産する方法として、近年注目されているのが「小ロット生産」です。従来の大ロット生産や中国生産といった海外での生産とは異なるメリットが多々あり、余剰在庫を抱えるといった問題を改善することもできます。

短納期化と同じように重要な役割を担う小ロット生産の特徴やメリットをご紹介します。

小ロット生産の特徴

小ロット生産の特徴

標準化生産では工程の流れ化を図り、製品を1個または1箱単位で作る1個流し生産が採用されています。

しかし、工程によっては1個流しが難しい場合もあるため、段取り替えの作業時間を短縮改善する必要があります。その結果、小ロット生産を行えるようになり、在庫量の削減も可能です。

このような考え方を小ロット生産化といいます。婦人服に特化する株式会社ジャニスでは、小ロットでの縫製OEM請負も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

小ロット生産だからこそできること!

小ロット生産だからこそできること!

顧客の反応を伺うことができる

大量生産で作った商品が、必ずしも社会や顧客のニーズに合っているとは限りません。

例えば大量に生産した製品が不評だった場合、企業は大打撃を受けてしまいます。小ロット生産なら、まず顧客や社会の反応を確認できます。それにより好評であれば増加したり、不評なら生産を中止して被害を最小限に抑えるといった対処ができるのです。

製品のバリエーションが豊富

多くの種類を製造できるため、製品のバリエーションも豊富になります。どこの企業にも定番となるブランド商品はありますが、それだけでは顧客に飽きられてしまいます。大量生産した場合、在庫管理も非常に手間がかかります。小ロット生産なら、このようなリスクを最小限に抑えられます。

消費者のニーズも多種多様化する時代。消費者ニーズに幅広く応えるためには、今後もさらに製品の多品種少量化が必要になってくるでしょう。

婦人服の縫製OEM請負に対応する株式会社ジャニスでは、小ロットからのご相談も受け付けています。国内生産にこだわり、培ってきたノウハウをもとに企画から国内工場での加工、納品まで、トータルでサポートいたします。縫製OEM請負のサービスを利用したいとご検討の際は、お気軽に株式会社ジャニスへご連絡ください。

縫製OEM請負を行う会社をお探しなら株式会社ジャニスへ

会社名 株式会社ジャニス
代表者名 佐々木俊行
住所 〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目27−9 初音森ビル11F,12F
電話番号 03-3863-6848
FAX 03-3864-6520
メールアドレス kkgenius@estate.ocn.ne.jp
URL https://genius1974.com
設立 1974年2月28日
事業内容 婦人服 OEM生産卸(カットソー 80%、布帛 20%)
役員 代表取締役 佐々木俊行
取締役会長 佐々木俊作