洋服の製造で大切な素材選び!~素材の種類をご紹介~

洋服は使用する素材や生地によって、着心地や保温性、吸水性、放湿性などが異なります。そのため、洋服を製造するときや縫製OEM請負の利用を検討する際に、素材は重要な要素になります。

洋服に使われる素材にはどのような種類があるか、ご紹介します。

素材の種類

洋服を作る素材は大きく分けて、天然繊維と化学繊維があります。天然繊維は植物や動物など、自然界に存在するものを原料とした素材です。一方の化学繊維は人工的に作られた素材を指し、天然繊維を薬品で加工したものも該当します。これら二つはさらに以下のように分類できます。

種類 繊維名
天然繊維 植物繊維 綿(コットン)、麻
動物繊維 毛(ウール)、絹(シルク)
化学繊維 再生繊維 レーヨン、ポリノジック、キュプラ、テンセル
半合成繊維 アセテート、トリアセテート、プロミックス
合成繊維 ナイロン、ポリエステル、アクセル

このように、洋服には様々な素材が用いられています。洋服を製造する場合は、ターゲットとする消費者のライフスタイルやニーズに合った素材選び、縫製、デザインなどをトータルで判断する確かな目が必要です。

素材選びで重要なこと

素材選びで重要なこと

消費者が洋服を選ぶポイントとして、素材の着心地や耐久性などは大きな要素になります。洋服を量産する際には、手に取って試着をしたときの肌触りを大切にしましょう。

例えば、上質な天然素材は優しい肌触りが魅力であり、織り方が細かいとしなやかな仕上がりになります。また、洋服の表地だけでなく、裏地にも配慮することは大切です。裏地素材としておすすめなのが、コットンやリネンです。洗濯しても毛玉ができにくく、型崩れもしにくいので長く着用してもらえます。

さらに、縫製も製品作りで重要なポイントです。縫製がしっかりしていないと、ほつれや型崩れが起きてしまいます。縫製の確認箇所はポケットの縫い付け、ボトムス裾の処理、ウエスト部分の補強部分などです。生地を裏返して、細かく丁寧に縫製されているか確認しましょう。

株式会社ジャニスでは縫製OEM請負に対応しています。これまでの経験で培った縫製力や供給能力、パターンメイキングなどの専門性を活かしたご提案が可能です。婦人服のOEMを一筋に、お客様のご要望を踏まえた製品・サンプル作りを支援いたします。縫製OEM請負サービスの利用をご検討の際は、お気軽に株式会社ジャニスまでご相談ください。

縫製OEM請負を行う会社をお探しなら株式会社ジャニスへ

会社名 株式会社ジャニス
代表者名 佐々木俊行
住所 〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目27−9 初音森ビル11F,12F
電話番号 03-3863-6848
FAX 03-3864-6520
メールアドレス kkgenius@estate.ocn.ne.jp
URL https://genius1974.com
設立 1974年2月28日
事業内容 婦人服 OEM生産卸(カットソー 80%、布帛 20%)
役員 代表取締役 佐々木俊行
取締役会長 佐々木俊作