色が持つ様々な効果とは?ユニフォーム作りに活かせる各色の効果

色にはそれぞれに心理効果があり、私たちに様々な影響を与えています。そのため、企業や店舗のユニフォーム製作においても重要な要素といっても過言ではありません。

ユニフォーム製作にも活かせる色の心理効果とは一体どのようなものなのか、暖色・寒色・無彩色に分けて解説します。

色が持つ効果

色が持つ効果

暖色

赤はあたたかみがあり、人を元気にさせる効果があります。また、食欲・購買意欲を増進させる効果もあるため、飲食店のユニフォームにぴったりの色です。

黄色

自然光に最も近い黄色は、人に喜びや希望を与え、元気にさせるという効果があります。そのため、保育士向けのユニフォームなどに適しています。

寒色

海や空の色でもある青は、老若男女問わず好感度が高く、気持ちを落ち着かせる効果があります。このことから、医療介護服に使われることが多いです。

インスピレーションを高める効果があると言われる紫は、クリエイティブな職場のユニフォームにぴったりです。高貴なイメージもあるため、上品さを演出したい場合にも適しています。

無彩色

清潔で純粋な印象の白は、気持ちを楽にさせる効果があると言われることから、従来より多くの医療機関のユニフォームに採用されています。また、真っさらな状態を表していることから、サービス業や接客業のユニフォームにも適しています。

灰色

控えめな灰色は、警戒心を和らげる効果があると言われ、ユニフォームに採用されることが増えています。どのような色とも相性が良いため、差し色にもぴったりです。

ユニフォーム製作時に活用したい色の効果

ユニフォーム製作時に活用したい色の効果

私たちの生活には様々な情報が溢れていますが、視覚から得られるものが多くを占めています。ユニフォームの色もその一つで、色には様々な効果があります。

そのため、元気で明るいイメージのユニフォームを作りたい場合は赤や黄色などの暖色、落ち着いたイメージのユニフォームを作りたい場合は青や紫などの寒色を選ぶと失敗しないでしょう。

ユニフォームの縫製加工をどこに依頼しようかとお悩みでしたら、OEM縫製加工生産を行う株式会社ジャニスにお任せください。主に、レディースアパレルのOEM縫製加工生産を行っています。企画から素材提案、パターン制作、縫製加工、納品とすべて請け負うことが可能です。

小ロットからのOEM縫製加工生産に対応していますので、企業や店舗のオリジナルユニフォームを作ろうとお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

OEM縫製加工生産をご検討中なら株式会社ジャニスへ

会社名 株式会社ジャニス
代表者名 佐々木俊行
住所 〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目27−9 初音森ビル11F,12F
電話番号 03-3863-6848
FAX 03-3864-6520
メールアドレス kkgenius@estate.ocn.ne.jp
URL https://genius1974.com
設立 1974年2月28日
事業内容 婦人服 OEM生産卸(カットソー 80%、布帛 20%)
役員 代表取締役 佐々木俊行
取締役会長 佐々木俊作