アパレルOEM生産をお考えなら!国内OEM生産のメリット・婦人服の加工生産に対応

製品の生産を他の企業に委託し、自社ブランドとして販売するOEM生産。自動車業界をはじめ、様々な業界で拡大傾向にあります。

日本のみならず世界中で広がっていますが、国内OEM生産だからこそのメリットがあることをご存知ですか?ここでは、国内OEM生産のメリットをご紹介します。

アパレルOEM生産を依頼する業者をお探しでしたら、婦人服の加工生産に対応する株式会社ジャニスへお問い合わせください。国内生産が可能なので、様々なメリットを得ることができます。

OEM生産のメリット

OEM生産のメリット

そもそも、OEM生産には以下のメリットがあります。

生産を依頼する委託者側

  • コストを削減できる
  • 生産量をコントロールできる
  • 新製品開発に専念できる
  • 在庫のリスクを削減できる
  • 生産能力不足をカバーできる

生産を請け負う受託者側

  • 技術力の向上につながる
  • 相手先の販売力によって生産量につながる
  • 生産量の向上により利益の拡大化が図れる
  • 成長期が過ぎて販売が落ち着いても生産を見込める

国内OEM生産を行うメリット

OEM生産は、国内企業だけでなく海外企業に生産を委託するケースもありますが、国内企業に委託するメリットがあります。

  • 生地の種類が豊富にある
  • 高い技術力に裏打ちされた品質の高さがある
  • 「made in japan」という安心感がある
  • 展示会用のサンプルなど小ロットで生産できる
  • 意思疎通ができるため資材投入から納品までスムーズ

OEM生産の導入事例

OEM生産の導入事例

実際に、OEM生産を盛んに行っているのが以下の業界です。

コンビニエンスストア

お弁当、お惣菜、お菓子、パンなどのPB商品を生産。

自動車業界

自社ブランドとしても販売し、他メーカーのブランドとしても販売する車(OEM車)を生産。

化粧品業界

化粧水や乳液などの化粧品の他、サプリメントや健康食品を生産。

株式会社ジャニスのアパレルOEM生産は国内での生産が可能!

株式会社ジャニスは、アパレルOEM生産に特化した会社です。1974年の設立以来、大手アパレルメーカー向けの高級ブランド婦人服の加工生産を行ってきました。

株式会社ジャニスは、アパレルOEM生産に特化した会社です。1974年の設立以来、大手アパレルメーカー向けの高級ブランド婦人服の加工生産を行ってきました。

OEMでは海外工場での生産も多いですが、株式会社ジャニスは国内での生産にこだわっています。国内で加工生産を行うことで、納品までスムーズに行うことができ、品質も高めることができます。

東京都内の自社に工房を備えているため、ご提案やサンプリングのご提供も迅速に行うことが可能です。

アパレルOEM生産を国内で行いたいとお考えでしたら、ぜひ株式会社ジャニスへご依頼ください。

サポーター、ユニフォーム、レディースアパレルといった布製品のOEM縫製加工生産をお考えでしたら、株式会社ジャニスにご依頼ください。長年培ったノウハウを活かして、小ロットからOEM縫製加工生産に対応いたします。クオリティの高さに定評があり、百貨店販売レベルの製品を提供することが可能です。布製品のOEM縫製加工生産は、ぜひ株式会社ジャニスにお任せください。

OEM縫製加工生産をご検討中なら株式会社ジャニスへ

会社名 株式会社ジャニス
代表者名 佐々木俊行
住所 〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目27−9 初音森ビル11F,12F
電話番号 03-3863-6848
FAX 03-3864-6520
メールアドレス kkgenius@estate.ocn.ne.jp
URL https://genius1974.com
設立 1974年2月28日
事業内容 婦人服 OEM生産卸(カットソー 80%、布帛 20%)
役員 代表取締役 佐々木俊行
取締役会長 佐々木俊作